ホームページ募集要項お問合せ電話番号やまびこ幼稚園
やまびこのモットー遊びながら学ぶ園庭紹介やまびこのイベントやまびこの歴史・活動やまびこのQ&A子育てのヒント交通アクセスとバスルート

カレンダー(更新記録)
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 園長室だより 1月号 | main | 園庭開放中止のお知らせ(2月・3月) >>
園長室だより2月号

やはり 体験からの学びは大きいですね

(先月号からの続きです)

 

抽象的概念の理解も

心と頭・身体で感じていく子ども達です。

 

 

 

 

冬休み明けの1日目からの子ども達は、

昨日まで通園していたかの様に、休みに

入る前の遊びを継続していました。

それもかなり上達して!

 

 これは毎年見られる姿です。

 それは、これまでの体験が1回限りと

して終わるのではなく、地道に体験から

の育ちを積み重ねていったからと感じて

おります。

 

 P1でご紹介しました保護者の方のお

便りからも、子ども達の遊びへの意気込

みが感じられますね。

 

 保護者の方のお便りにもありますよう

に、その子ども達の体験を大きく支えて

下さっているのは、保護者の方のお力と

本当に有り難く、感謝の思いでいっぱい

です。今回も保護者の方々から子ども達

の冬休み中の様子について、たくさんお

便りを寄せて頂きました。

そのどの方からのお便りにも、子ども達

が実体験から大切な事を学んでいる事を

ご連絡頂いております。

最後にも年中組のお2人の方の連絡帳を

ご紹介させて頂きますね。

このように、子ども達の体験がさらに充

実したものになるためには、保護者の方

々の支えがとても大きい事を感じており

ます。

お子さん方がつまづいてもアクシデント

が生じても、お子さんのやりたい思いを

許容して下さって、本当に頭が下がる思

いです。ありがとうございます!

 

このような経験を経ていきますと、子ど

も達は、次々と新しい目的を作りながら、

先へ先へと歩んでいき、さらに継続する

事の喜びも味わい、結果的に最後まで諦

めないでやり続ければ成果がついてくる

という事を身をもって学んでいきますね。

 さらに、

【努力する事】【目的を持つ事】

【諦めない事】【意欲を持つ事】

【工夫する事】等々、

幼児期の子どもにとってはとても難しい

抽象的概念でも、心で感じ頭で感じた体

験を経ていきますと、その理解も可能と

なり、大人以上の実行力を発揮してきま

す。

 

 その上、とても大切な成長も見られる

のです。

 それは、どんな事だと思いますか?

 

〜それは、頭の使い方の学びでした。〜

 

よく考える子どもの姿が見られています。

そして考える時、言葉で表現する機会が

たくさん増えますので、話し方も自分本

意でなく、相手に伝わるような話し方を

するようになってきています。

 

ただその時、急がせたりせずゆっくりと

した状況を作ってあげ、考えるゆとりが

生まれるような環境作りを意識するよう

にしています。

子ども達は体験をする時、一歩ずつ立ち

止まりながら歩みを進めていきます。

失敗しても原因を考えるために立ち止ま

り、又、楽しいと感じた事は先を急がず、

楽しい事をやり続け、さらなる楽しいや

り方は何か?とまた立ち止まっては考え

ていきます。

ですから子ども達が“やりたい思い”を体

験として希望してきた時は、答えを出さ

ないようにしています。

子どもが自ら答えを導き出せるように、

子どもが考えた試行錯誤を出来るだけた

くさん体験出来るようにしています。

結果的に頭で考える機会がたくさん作ら

れるようになってきます。

 

 前にも何度かお知らせしたかと思いま

すが、大人が考えた最良の方法を与える

体験ではなく、大人から見ますと無駄と

思えるような、小さな小さな体験をやり

ながら『大切な事は何か?』を探り出せ

るように支えていくようにしています。

答えが出るまでの時間と労力は、たくさ

ん必要となってきますが、そこから培っ

た成果はとても大きいものがありますの

で。

        ★

 

 ここに、年少児3学期早々の子どもの

成長の姿をご紹介したいと思います。

これもお家での姿でした。

保護者の方の連絡帳をご紹介致します。

 

 

 

 うさぎ組の“みくちゃんの自転車お披

露目会”につきましては、先日お便りに

てお知らせ致しました。今回のもえちゃん

のお母さまのお便りから、その時の様子

をお家でしっかりと伝えてくれていた事

を感じました。

 当日は担任から、みくちゃんの思いが

伝えられ、そのために大人が出来る事は

何か?や、さらにこれまでの経緯等、詳

しい紹介がありました。

全体の子どもに向けて15分位お話をし

たでしょうか?内容的に少々難しいお話

でした。でも、その時の子ども達の耳を

傾ける姿勢は、とても素晴らしいもので

した。

目は司会者、そして耳でしっかりと話を

聞き、心でも意図を理解しながらしっか

りと味わっていたように感じます。

ホール全体がシーンと静まり、みくちゃ

にもしっかりと目が注がれていました。

 もえちゃんのお便りからも、その状況が

伺えるのではないでしょうか?

そして、年少の子どもも、集中して話しを

聞き取り、内容の理解もしっかりと出来て

いる事を感じました。

このお便りからも、年少時の1年間の体験

からの学びがとても大きい事を実感致しま

した。

ですから、一瞬一瞬を見逃さず、これから

も子ども達の体験の充実化を図らねばと感

じております。

         ★

 

〜年中児のお2人の方の連絡帳を

           ご紹介致します

 

 

***********************************

 

 

*************************************

 

| - | 17:58 | - | - |

HOME|募集要項|園長室だより|子ども達の風景|幼稚園に入るということは

やまびこのモットー|遊びながら学ぶ|園庭紹介|イベント|歴史・活動|Q&A|子育てのヒント|アクセス&バスルート

Copyright(C) 学校法人旗立学園 やまびこ幼稚園 〒982-0215 仙台市太白区旗立3-8-30 電話 022-245-2248