ホームページ募集要項お問合せ電話番号やまびこ幼稚園
やまびこのモットー遊びながら学ぶ園庭紹介やまびこのイベントやまびこの歴史・活動やまびこのQ&A子育てのヒント交通アクセスとバスルート

カレンダー(更新記録)
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 園長室だより10月号 | main | 園長室だより 12月号 >>
園長室だより 11月号

【たくみ君のお母様からのお便りです】

 

☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

 

 

 

☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

 

年中のたくみ君は、2回目の運動会(10月5日当日

年中児に欠席した子がおり、2回目のミニ運動会を実

施したのです)の時に、上のように呟いていたようで

す。

ちゃんと仲間の心情に寄り添ってくれていたのですね。

 

            ★

 

このたくみ君の心からの思いは、運動会活動の体験か

ら感じたようです。

 

実は、運動会終了後。

たくみ君のお母様のように、保護者の方々からたくさ

ん、本当にたくさんの方々からお便りを頂きました。

年少・年中・年長と、全ての学年の保護者の方々が、

お子さん方の姿から感じられた思いをお便りに託して

幼稚園に寄せて下さいました。

1つの冊子が出来上がる程でした。本当にありがたく

嬉しい思いでいっぱいです。深く深く感謝申し上げま

す。

 お一人おひとりのお便りに触れておりますと、幼い

年齢の子ども達の、心で感じる思いは、大人以上に深

い事を実感させて頂きました。

本当に素直な気持ちで仲間を思い、自分の心を見つめ

ていた子ども達でした。

 

            ★

 

 この保護者の方々から頂きました、お子さん方の姿

を1つにまとめますと、

【幼児期の子ども理解】も深まると考えました。

これは職員の園内研修で活用させて頂きたいと思って

おります。

でもやはり、その一部だけでも皆様にお知らせさせて

頂きたい!と考えました。

全ての掲載は叶いませんが、この紙面では年中児よし

のちゃんのお母様のものを。

他は年長の3クラスから各々5〜6名の方々の分を、

この広場とは別冊子でお届けしたいと思います。

どうぞ目を通して下さい。

 

 

☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

 

 

☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

 

本当に子ども達の心の優しさ・逞しさ・豊かさを感

じますね。

 

           ★

 

保護者の方々のお便りからも伺う事が出来ましたが、

【運動会】という行事は、子ども達の心を育ててい

た事を感じました。

もちろん身体面の成長も著しいのですが、

“心の持ち方が大切だよ!”

“運動能力は個別に皆違うから、その事で個人を評

価してはいけないよ!”

“仲間を信じる事が大事。そして一人ひとりが大切

なんだよ”

という事等、大人でも実感する事がとても難しい

事を、子ども達は本当に素直な思いで、心から味

わっていた事を感じています。

 

          ★

 

さて、子ども達が考えた【運動会】という行事は、

“自分達の手で創っていくもの!!”という事でし

た。特に年長児は、幼稚園最後の運動会ですので

<何を><どのように>するのかを72人全員で

しっかりと考え、話し合いをしながら創っていき

たい!!という思いを示してきました。

 

その時の子ども達の様子から感じました事は、

【仲間達一人ひとりを大切にしよう!!】という

思いでした。

 

 運動会についての話し合いの途中で、元気のな

い仲間の姿に気付きますと、子ども達はその仲間

の表情を読み取ろうとし、「どうしたの?」

「何か嫌な事があったの?」等と、穏やかに寄り

添い始めます。

決して無理やりその仲間の心にずかずかと入って

はいきません。(そのようなところにも大人の配

慮を上回る姿を見せてくれていました。)

子ども達は、急がずゆっくりと、その子の思いに

近づき、その子が心を開いてくれる環境を作って

くれていました。

その間、皆はじっと待ってくれています。

少々時間はかかりますが。そうしますと、その子

も安心感を覚え始め、ポツリポツリと本音を口に

出し始めるのです。

「踊りは覚えるのが苦手だから嫌だ。」とか

「速く走れないからリレーはやりたくない。」等

と。

 その子が本音を出してくれますと、そこからは

仲間達の出番です。

もうその時には担任の出番というより仲間同士で

問題の解決を図ろうとします。

担任は要所要所での舵取りはしますが、子ども達

だけの力で前へ進もうとしますので、影ながらの

支えに回ります。

そしてこのような時も。子ども達は決して自分の

考えを押しつけたりはせず、アドバイスやエール

を送りながらも、ちゃんと心の距離を図ってくれ

ていました。すると、徐々にですが、悩んでいた

子どもの心もほぐれてきて、前へ進み始めます。

「やっぱりやってみるから、力を貸してね。」

とか「分からないところは教えてほしい。」と、

とても素直な思いを仲間達に託してきます。

 

 そして、このように仲間からの援助で立ち直っ

た子どもが、次に問題が生じた時、この時の事を

ちゃんと生かしていました。

 それは、次の様な言葉で踊りが苦手で悩んでい

たゆづき君を励ましていたのです。

「あのね、私がリレーが心配ですって話した時

皆やゆづき君が力を貸してくれたでしょ?だか

ら私は頑張れたんだよ。ゆづき君もそれと一緒

だと思うよ!!」と。

          ★

 

幼児期の子ども達は、

【自分達で実感出来た体験は、しっかりと心に残

し、次に生かしていく】

という学習を積み重ねていっている事を感じてお

ります。

 

 ですから私共も、今回の行事【運動会活動】を、

子ども達が“自分達の行事として捉え、自らの力

で創り上げていく!!”という気持ちを大切にし

て関わって参りました。

特に年長児の子ども達は、競技についても演技

についても、自分達で創っていきたいと考え、

各係に分かれ、自分がやりたい事を選び、係活

動も行ってきました。

例えば踊り係は、振り付けを考えて仲間達に伝

え、指導していました。又、プログラム係は内

容を検討し、完成させた後も、各クラスの人数

を調査してクラス毎に配る準備もしていました。

そして、お家の方に責任を持って届けてもらう

よう、声をかけながら各クラスに配っていたの

です。

 

 このような子ども達の【自分達の力で行いたい】

という強い気持ちを満足するまでやり通すとい

う事の大切さを実感した【運動会活動】でもあ

りました。

 

          ★

 

 この、自分達で創る【運動会活動】を経た事で、

子ども達は日常生活の中でもこれらの経験を生か

していってくれる事でしょう。

“話し合って問題を解決する事”

“仲間が困っていたら知らんふりせず仲間の言葉

耳を傾ける事”

“計画的に物事を進める事”

“やりたいと考えた事は、難しくてもやり続ける事”

等々、

自分の生活の中に取り入れて自らを高めていって

くれるものと思っております。

 

| 園長先生のコラム | 17:14 | - | - |

HOME|募集要項|園長室だより|子ども達の風景|幼稚園に入るということは

やまびこのモットー|遊びながら学ぶ|園庭紹介|イベント|歴史・活動|Q&A|子育てのヒント|アクセス&バスルート

Copyright(C) 学校法人旗立学園 やまびこ幼稚園 〒982-0215 仙台市太白区旗立3-8-30 電話 022-245-2248