ホームページ募集要項お問合せ電話番号やまびこ幼稚園
やまびこのモットー遊びながら学ぶ園庭紹介やまびこのイベントやまびこの歴史・活動やまびこのQ&A子育てのヒント交通アクセスとバスルート

カレンダー(更新記録)
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 園長室便り 夏休み号 | main | 31年度 入園案内書の配布日について >>
園長室便り 8月・9月号

いよいよ、充実の時期が始まります

 

まだまだ暑さが続きそうですね。

体もついていけず、弱ったまま2学期がスタート

するのではと心配しています。

体調は急がず徐々に戻すしかないと思いますので、

お子さんの健康状態にご配慮下さい。

 

 今年の異常な夏対策として、保護者の皆様方に

は、多大なお力添え・ご協力をいただきました事、

本当に本当に感謝の思いでいっぱいです。

 

 年長児の一泊保育も、泊まる活動は中止に致し

ました。今の園の設備状態では、お子さんの健康

を守る事は出来ないと判断致しました。

急に、本当に急な決定で大変ご迷惑をおかけ致し

ました。

そして、泊まる事はしませんでしたが、夜の花火

大会までの活動等、その全ては実施を致しました。

そこでも、またまた保護者の皆様方に多大なご協

力をお願い致しました。

夜、暗くなってからのお迎えのお願いでした。

事故を起こす状況を作ってはならぬと、たくさん

の準備をしたつもりですが、それでも予測外の事

態が生じたら?と、一瞬一瞬がドキドキ状態でし

た。そこでも皆様方のたくさんのご配慮を頂き1

つの事故もなく、行事を終える事ができました。

本当に有り難かったです。

 色々な心配な点があった行事でしたが、保護者

の皆様方、そして皆様のお子さん方からも支えら

れて、力が沸き上がる思いでした。

子ども達はやはりすごいです。

状況をちゃんと理解して、受け止め、大人を支え

てくれたのですから。

ここにそんな子ども達の姿をお知らせしますね。

 

当日の登園時、お家の方と担任が「(泊まりが出

来ず)残念でしたね…」といった内容のことを話

していると、「でもこれは、園長先生が子ども達

のことを考えて決めてくれたことだから。」とま

ゆかちゃん。

「今日はすごく涼しいけど、昨日はものすごく暑

かったでしょ?暑かったり涼しかったりして(気

温差で)具合悪くなっちゃう子もいるかもしれな

いし。だから、これで良かったと思うんだ。」と

も話していたそうです。

実際、まゆかちゃんのお友だちが体調を崩して入

院してしまったようで、実感のこもった言葉へと

つながっていたのでしょうね。

そしてクラスで皆と話していた時にも。

担任も、子ども達のありのままの気持ちを受け止

めようと、「お泊まり出来なくなっちゃったけど、

皆は大丈夫?」と投げかけました。

すると、「幼稚園には泊まれないけど、楽しい事

は全部ちゃんと出来るから!それに、一番安全な

方法を先生達が考えてくれたんだよね。」と、れ

いた君。「先生は悪くないよ。」と、かいち君。

他の子ども達も、「泊まれなくてもいっぱい思い

出は作れるもんね!」

「一番やりたかったゲーム大会はできるから、良

かったよね!」と。

 

本当に子どもから学ぶべき事が多いですし、子ど

も達の理解力は抜群です!

そして常に前を向いている子ども達は、やっぱり

素晴らしいですね。

 

         ★

 

 さて、2学期に入りました。

この暑さは今のところ人の手ではどうしようもあ

りませんが、知恵をしぼりながら大事な2学期を、

1つでも多くの成長を願いながら、子ども達と関

わって参りたいと思っております。

今学期も保護者の皆様方と共にお子さん方の力を

引き出していけたらと思っております。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 1学期の子ども達の姿を振り返ってみますと、

後半には各学年共とても落ち着いた生活をしてお

りました。

子ども達は1つ1つの自分の行動を考えながら行

っておりました。

そして、自分の事だけではなく、仲間の事も常に

念頭においた行動をとっていたのです。

まだまだ全ての生活に於いてそのような姿をとる

ということではありませんが、肝心な大切な時に

行動を起こせる子ども達でした。

 2学期はとても長い時期です。行事もたくさん

あります。文化的イベント(コンサート等)も子

ども達の心を魅了してくれる事でしょう。

又、子ども達がこれまで個々に手を染めてきた遊

びにも熱が入る事と思います。

 

行事について

行事は大人が与えたものではなく、子ども達と1

つ1つ話し合いながら、子ども達と共に創り上げ

ていく行事と考えております。

 

<本当にやりたい行事なのか?>

<やりたくない仲間がいたらどうするのか?>

<どのような事をやりたいのか?>

<ケンカになったら?

 アクシデントが起きたらどうするのか?>

<力が出せない仲間がいたらどうするのか?>

 

等々、1つ1つ問題が生じましたら立ち止まり、

それらに向き合い解決の途を探りながら、進め

ていきたいと思います。

それは子ども達が「行事」を自分達のものとし

て捉えることで、実感が湧いてくるからです。

その事で子ども達は他人事としてではなく、全

て自分の事として考えられるようになりますね。

そうすることで、事の善し悪しも分かってきま

すし、その大切さも自分の力で判断出来る様に

なっていきます。

先を急がず、行事は結果を目的とせず、結果に

至るまでに生じる「たくさんの学び」を大切に

しながら進めて参りたいと思っております。

 これまでもお伝え致しましたが、幼児期の子

ども達は、生活経験がまだまだ足りませんので、

実体験が必要となってきます。

この体験を1つでも多く重ねながら、子ども自

らの手で知恵や知識の獲得につながっていきま

すよう、子ども達を支えて参りたいと思ってお

ります。

 

 この2学期は、行事はもとより、日常生活の

1つ1つの事に関しましても、体験をたくさん

積み重ねる事が出来る時期となります。

ただ、体験の中には楽しいことばかりではあり

ません。

「やさしくしてくれない」

「いじわるされた」

「自分はこんなに頑張っているのに皆は力をか

してくれない」

「言葉より先に手を出してしまって友達とケン

カになった」

等々、トラブル・アクシデント・困った事も同

時にたくさん経験することになります。

この経験の全てが子ども達の宝(成長に結びつ

いていきます)です。

それを意識して、関わって参りたいと思います。

 

 ここにこの春卒園された、れいさちゃんのお

母さんのお便りをご紹介します。

これは運動会という行事に取り組んでいた時の

ものです。少々長い連絡帳となりますが、読ん

で頂くと経緯が分かり易いかと思いますので、

掲載させて頂きますね。

 

〜昨年度の運動会 数日前のお便り〜

 

 

 

〜運動会後のお便り〜

 

 

| 園長先生のコラム | 16:24 | - | - |

HOME|募集要項|園長室だより|子ども達の風景|幼稚園に入るということは

やまびこのモットー|遊びながら学ぶ|園庭紹介|イベント|歴史・活動|Q&A|子育てのヒント|アクセス&バスルート

Copyright(C) 学校法人旗立学園 やまびこ幼稚園 〒982-0215 仙台市太白区旗立3-8-30 電話 022-245-2248